ドイツ製赤色ニキシー管 Z573M 【USED】

型番 Z573M
販売価格 1,900円(税抜)
商品重量 15 g

SOLD OUT
ドイツ製の中サイズニキシー管です。
IN-14とほぼ同じサイズのニキシー管で、時計の表示器として使うのにちょうど良いサイズです。
赤いフィルターが塗ってあり、独特の雰囲気を醸し出しています。
Z573MとZ570Mの違いは数字の右横にドットが表示できるかできないかです。
Z573M: ドットあり
Z570M: ドットなし

ニキシー管時計【キット】 ドイツ製ニキシー管Z57xMモデルの予備パーツとしてもどうぞ。

<注意事項>
・USED品となりますのでご了承ください。下写真のように赤色のフィルターに小さな剥がれがある場合がございます。(※正面の表示面には剥がれはありません。正面に剥がれのあるものは、訳あり品として安価で提供しています。)

・足の長さは最低でも10mm以上を確保しています。この長さがあれば基板への取り付けに支障はありません。
・点灯検査を行い、全数字が正常に点灯することを確認しています。万が一不良品が御座いましたら交換致しますのでご連絡ください。
・赤色のフィルターはしばらくお湯につけておくことで剥がすことができます。フィルターをはがして通常の透明なニキシー管として使うこともできます。


<電気特性>
点灯開始電圧:150V
定格電流:2mA

<使用方法>
・150V以上の直流電圧で点灯します。
・アノード電極を高圧側に、カソード電極(0〜9に対応)をGND側に接続します。
・必ず電流制限用の抵抗を直列に挿入してください。(アノード側に挿入するのが一般的です)
・制限抵抗の値の決め方
Z573Mに定格電流の2mAを流したとき、Z573Mにかかる電圧は約140Vになります。
よって適切な抵抗値は、
 抵抗値 = (電源電圧-140V) / 2mA
となります。
たとえば電源電圧190Vの場合、抵抗値は約25kΩになります。
実際はもう少し電流量を抑えるため(長寿命化のため)抵抗を大きな値にしたり、逆にダイナミック点灯方式だと、暗く見えてしまうため抵抗値を小さな値にしたりなど調整が必要です。実験によって適切な値を求めるのが良いと思います。

・マイコン等で制御する際は高耐圧のトランジスタを使用するか、ニキシー管ドライブ用のICを使うのが一般的です。是非当店のドライブ用IC K-155IDをご利用ください。

<データシート>
サンプル Z573Mデータシート(ドイツ語)

Your recent history



Web contents



News

2017/12/4:
NCK-574C 4桁に着s-管時計 ドイツ製ニキシー管Z57xM(クリアー)モデル」を発売しました。
2016/10/10:

STEAMPARKに出展しました。来場頂いた皆様、どうもありがとうございました。
2016/8/19:
VCK-LD4 4桁VFD時計」を発売開始しました。
2016/8/19:
NCK-141 1Digitニキシー管時計キット」の値段を変更しました。
2016/8/7:

Maker Faire Tokyo 2016に出展しました。来場頂いた皆様、どうもありがとうございました。
2016/6/12:
4桁ニキシー管時計」が再入荷しました。
2016/5/29:
ニキシー管オーディオスペアナ専用アクリルケース」を販売開始しました。
2016/5/22:
旧ソ連製バーグラフニキシー管 IN-9」を販売開始しました。
2016/5/22:
ニキシー管オーディオスペアナ」を販売開始しました。
2016/5/15:

デザインフェスタ Vol.43に出展しました。来場頂いた皆様、どうもありがとうございました。
2016/3/26:
NCK-144v2 4桁ニキシー管時計」をVer.2にバージョンアップしました。
2016/2/11:
NCK-144-BK ニキシー管時計 Black基板タイプ(10セット限定)」を販売開始しました。
2015/10/11:
配送方法、送料を改定しました。
・重量が100g以下の注文は定形外郵便(200円)が利用可能になりました。
・ゆうパック送料を500円に変更しました。
⇒少量の注文が割安に
2015/8/16:
NCK-141 1Digitニキシー管時計キット」を販売開始しました。
2015/8/1:
HV-2 ガイガー管用高圧電源キット」を販売開始しました。
2015/4/5:
ニキシー管時計専用アクリルケース」を販売開始しました。
2014/12/14:
ニキシー管時計(IN-14モデル)」が再入荷しました。
2014/12/14:
ニキシー管用高圧電源キット」を販売開始しました。
2014/11/30:
ガイガーカウンターキット」を販売開始しました。
2014/11/24:

Maker Faire Tokyo 2014に出展いたしました。ご来場頂いた皆様、どうもありがとうございました。
2014/3/16:
クレジットカード決済に対応いたしました。
2014/2/16:
Sandersonia Electronicsがオープンいたしました。只今ご注文を受け付けしております。